再発を防ぐためにうつ病の原因を本人が自覚する

うつ病になったのは誰のせい?

職場でうつ病で休職する人がいると

「あの上司が結構きつく指導してたから」

「仕事いっぱい抱えていたから」

「あの人もともとメンタル弱そうだから」

など

よく原因探しを始めますよね

 

原因を探すより

分からないところはプロに任せて

暖かく見守っていただけると嬉しいです

うつ病の原因として考えられること

うつ病の原因として教科書的に上げられていることは多々ありますが、

私は日々のカウンセリングで得た感覚があります

なのでここに書くことは教科書には載っていないし

全くの私見ですのでご了承くださいね

‘今’複数の対処しきれない出来事

面談ではまずここ最近の出来事を聞きます

 

「最近仕事が忙しくて疲れている上に

親が病気で病院へ連れて行かなくてはいけなかったり

子供の学校のことでちょっと心配があって」

 

仕事とプライベートでの出来事が

同時に起きていることがよくあります

 

全てに前向きに取り組もうとすると

疲れ切ってしまいます

 

それぞれの出来事が単体で起きれば

なんなくこなせる人も

同時に公私共に多くの出来事が発生している

ということが

うつ病のきっかけになります

 

あくまでもきっかけです

では原因は?

うつ病原因はメンタルが弱いわけではない
本人にもわからない本人の状況がある

うつの原因は‘消耗’!?

がん細胞が細胞分裂を繰り返しながら

少しずつ大きくなっていくように

 

うつ病もあれこれ負の感情が溜まって

きっかけがあって発症します

 

「最近大変だったよね、疲れてたよね」と

周囲の人は今を思いやってあげて欲しいのです

 

あとは私にお任せください(笑)

 

再発しないためには

‘今’=きっかけ

をお聞きしたら

‘今まで’=人生

を客観的に見てどこでどれくらい‘消耗’していたかを

本人に気づいてもらうようにします

 

これが再発を防ぐ鍵になります

 

私はうつ病の再発はあり得ない

強気すぎる発言をしています(笑)

 

初めてうつ病を発症した時に

関わった援助者が

ちゃんと原因まで掘り下げて

本人が‘消耗’に気づくまで到達すればうつ病は治ります

 

うつの再発ではなく最初の時に治っていないのです

治ったように見えているだけなのです

 

‘消耗’については次回に

 

あくまでも経験に基づく私見ということで

本日もご訪問ありがとうございます